menu
Is this helpful?

# サードパーティ連携

v2.8.0からはサードパーティデータと連携できるようになりますが、v2.8.2以降のバージョンはサードパーティのプラグインが必要です

implementation 'cn.thinkingdata.android:TAThirdParty:1.1.0'

以下は複数プラットフォームデータとの同期のコード例:

TDAnalytics.enableThirdPartySharing(TDThirdPartyType.APPS_FLYER | TDThirdPartyType.ADJUST);

もし個別でパラメータを追加したい場合はenableThirdPartySharing(int var1, Map<String, Object> var2)を利用できます。当APIはビット演算に対応していません。

Proguardを使用している場合、機能の無効化を防ぐために、設定ファイルに以下の内容を追加する必要があります。

-dontwarn cn.thinkingdata.thirdparty.**
-keep class cn.thinkingdata.thirdparty.** { *; }
-keep class cn.thinkingdata.module.routes.** { *; }

# 1.Appsflyer

AppsFlyer SDKでstartを呼び出しする前に、本APIを呼び出します。

TDAnalytics.enableThirdPartySharing(TDThirdPartyType.APPS_FLYER)

キャラクター作成後(任意):

instance.login("account_id")
TDAnalytics.enableThirdPartySharing(TDThirdPartyType.APPS_FLYER)

TEのloginもしくはidentifyを呼び出したたびに、同時にenableThirdPartySharingを呼び出してユーザー識別を更新する必要があります。

注意:AppFlyerのsetAdditionalDataが呼び出すたびにユーザー識別が上書きされるため、enableThirdPartySharingのパラメータ設定にしておいてください。

Map<String, Object> additionalData = new HashMap<>();
additionalData.put("af_test_key1", "test1");
additionalData.put("af_test_key2", "test2");
TDAnalytics.enableThirdPartySharing(
    TDThirdPartyType.APPS_FLYER,
    additionalData
)

# 2.Adjust

Adjust SDK初期化前に呼び出し:

TDAnalytics.enableThirdPartySharing(TDThirdPartyType.ADJUST)

キャラクター作成後(任意):

TDAnalytics.login("accoount_id")
TDAnalytics.enableThirdPartySharing(TDThirdPartyType.ADJUST)

# 3.Branch

Branch initialize the session前に呼び出し:

TDAnalytics.enableThirdPartySharing(TDThirdPartyType.BRANCH);

キャラクター作成後(任意):

TDAnalytics.login("accoount_id")
TDAnalytics.enableThirdPartySharing(TDThirdPartyType.BRANCH);

# 4. TopOn

ATSDK.init前に呼び出し:

TDAnalytics.enableThirdPartySharing(TDThirdPartyType.TOP_ON);

TEのloginもしくはidentifyを複数回呼び出す場合は再度enableThirdPartySharingを呼び出してデータ同期する必要があります。

注意:TopOnのinitCustomMapが呼び出すごとに、ユーザー識別を上書き設定してしまうため、enableThirdPartySharingを利用してパラメータ設定してください。

Map<String, Object> customMap = new HashMap<>();
customMap.put("key1", "value1");
customMap.put("key2", "value2");
TDAnalytics.enableThirdPartySharing(TDThirdPartyType.TOP_ON, customMap);

# 5.Tradplus

TradPlusSdk.initSdkを呼び出す前に:

TDAnalytics.enableThirdPartySharing(TDThirdPartyType.TRAD_PLUS);

# 6.IronSource

IronSourceSdk初期設定した後で呼び出し:

TDAnalytics.enableThirdPartySharing(TDThirdPartyType.IRON_SOURCE);

# 7. AppLovin

  • 表示レベル

AppLovinSdkが初期設定する前に呼び出す:

TDAnalytics.enableThirdPartySharing(TDThirdPartyType.APPLOVIN_IMPRESSION);
  • ユーザーレベル

マネータイズデータを取得したい場合は、MaxAdRevenueListenerを作成し、onAdRevenuePaid()のメソットを複製します。この方法でマネータイズのデータを取得すると、TE SDKのenableThirdPartySharingを利用してデータ送信を行います。最後にリスナーをsetRevenueListener()に渡します。コード例:

void onAdRevenuePaid(final MaxAd ad){
    TDAnalytics.enableThirdPartySharing(TDThirdPartyType.APPLOVIN_USER,ad);
}